blog

2016/08/10 15:59


モロッコ雑貨の中でも人気の陶器。
主な産地はフェズとサフィ。
フェズの陶器は白とブルーが特徴的。
サフィの陶器はカラフルです。

私が世界一周中にモロッコへ行ったとき訪れたのは
マラケシュとエッサウィラ、シャウエンの3都市なので
工房を見ることはできませんでしたが、陶器のお店はたくさんありました。


ミニタジン、モロッコではスパイスを入れたりするようですが、
アクセサリー入れやお香立てとして使っても素敵です。



モロッコの陶器は職人さんが手描きする美しい柄が魅力的ですが、
モスクや街中で見られる細かいタイルの装飾(セリージュ)を連想させます。
小さくカットしたタイルを組み合わせて幾何学模様になっている、
中東イスラム圏で多く見受けられる建築装飾ですが、
最もこの技術が継承されているのはモロッコだそう。



元々は偶像崇拝の禁止されているイスラム教のモスクを飾り、
「無限」や「森羅万象」といった概念を表現しているとか。
曼荼羅の世界と似ていますね。
それにしてもこの色彩感覚と数学的緻密さの融合…日本にはないものですね。

そんなイメージのお皿も新たに入荷しています!
このお皿で冷やしたフルーツやアイス、ケーキなんかを食べたら涼しげです。



それからBONCHICというブランドの黒い陶器シリーズも新入荷。
手仕事の味わいも感じさせつつも、シックで落ち着いた大人な雰囲気で、
料理の色も映えますね!
BONCHICシリーズは8月下旬、ネットショップでも販売開始します。


以前から置いている陶器類は一部SALEとなります!
実店舗ではネットショップにはアップしていないミニタジンや小皿などもたくさんありますよ。
この機会に食卓を華やかにしてみませんか?