blog

2016/11/17 15:45


私の足のサイズは22.5cm、もない…
いつも可愛くてピッタリの靴を探すのに苦心しております。
そんな全国の悩めるSmall foot さん、Big foot さんはもちろん、
個性的な一足を求めるあなたに朗報!



昨日の定休日…中央線沿い中野のお店、

インカ織物のオーダーメイド靴屋さん

Delinka」をのぞいてきました!





「ペルーの織物のオーダーメイドシューズ工房を始めた人がいるよ!」
と世界一周の旅友つながりでお噂を耳にし、
同じ中央線沿いということもあって伺ってみました!

実はDelinkaさんも同じく水曜日(と月金)を定休日と定め
制作に集中する日…としているそうですが、
そうとも知らず押しかけてしまったのですが(すみません…)
店主のKentoさん、爽やかな笑顔で快く出迎えてくれました…。





世界一周中の出逢いから、
靴職人の道へ…


南米を旅する旅人の間では、
ペルークスコにあるオーダーメイドシューズはとても有名…
そしてそのオーダーメイドが必ず間違えて?注文どおりに出来上がらない、
というオーダーメイドにしてオーダーメイドにあらず、の話もとても有名…(笑)

Kento さんも、3年半104カ国を旅した世界一周中に
クスコでそのシューズをつくってもらい旅していたとのこと。



日本に帰国し、靴職人のもとで修行した後、再度ペルーに渡り、
現地の靴工房で修行!
Kentoさんがその工房に滞在していた期間、
オーダー違いはぐっと減っていたはず…だそうです…(笑)

そして2016年8月、自身のオーダーメイドブランド「Delinka」を立ち上げました。


私も世界一周中に世界各国の手仕事の布や雑貨に魅せられお店を始めた身…
旅中の出逢いとは、思いがけないものです…。



なんと手始めにペルーから持ち帰った
生地の種類は100種類!





こちらのオーダーメイドの楽しいところは、
お好きなペルーの織物の生地と革を選んで、約1000万通りの組み合わせから、
あなた好み一足をつくれる!ということ。
こんな靴型を生地にあてながら、カスタムを…♩


店内には色とりどりの生地とたくさんの靴のバリエーション…
この生地は「マンタ」というインカ時代から受け継がれてきた伝統的な織物。
ペルーではこのマンタに荷物や赤ちゃんも!くるんで背負うインディヘナの女性を
たくさん目にします。日本の風呂敷みたいなものでしょうか。
そんな遠いペルーの暮らしにも想いを馳せながら…
どんな組み合わせにしようか…楽しい悩みのひとときです。


選んだ組み合わせで、Kento さんが全て手作業で、
心のこもった一足を仕上げてくれます。



日本にはない海外の文化 × 職人の手仕事 × 選ぶ人の個性…
良い循環から生まれるものはずっと長く大切にしていきたいものになるはず。


居心地の良い店内で、旅の話も盛り上がりましたよ!

------
世界に一つのオーダーメイド靴「Delinka」(デリンカ)
13:00-18:30




--------------------------------
written by
&JOURNEY 店主 : 未希
--------------------------------