blog

2019/05/25 10:16

リネン生地のシンプルなギャザーワンピースをグアテマラ色で個性的に


こんにちは!世界の布と雑貨のお店 &JOURNEY 店主の未希です。


永遠の定番アイテムとも言えるリネン生地のシンプルなギャザーワンピースに、

布好きの人々の間で実は密かにファンの多い、グアテマラ・ナワラの民族衣装帯の手織り布

かけあわせたデザインを&JOURNEYオリジナル商品として制作しました!


胸下にたっぷりギャザーの入ったふんわりシルエット。ロング丈。





袖下、首周りともにゆったりめ。





ユニークな色柄の手織り布が袖にほどこされ目を惹きます。







グアテマラ・ナワラ Nahuala 織りの魅力




グアテマラには村々それぞれに独自の伝統的な民族衣装があり、

その数は30年ほど前には80種類以上もあったと言われています。

衣装を着る人々は徐々に減りつつあるものの、

今もグアテマラでは美しい手織りの衣装を身につけた女性たちとたくさん出会うことができます。





グアテマラ民族衣装のウィピルと呼ばれる上衣などは

腰にあてたストラップと柱の間に縦糸を張って織る、伝統的な腰織りによって手織りされています。

マヤ末裔の民族の方々が織る衣装(ウィピル)などの織物のほとんどが、この原始的な方法で織られています。






そんなグアテマラの中でも布好き日本女性の間で人気が高く、私も大好きな衣装がナワラ村のもの!

幾何学模様をベースに、鳥や動物などを描いたものが多くユニークです。

鳥、見えますか?↓






その幾何学模様の美しさに私はすっかり魅了され、

気づけばナワラの腰帯(ファハ)をたくさん集めていました。

腰帯は着物の帯のような役割でベルトとして使用されている長い布帯。

たいてい藍地にカラフルな糸を織り込みながら先程ご紹介した腰織りの技術によって手織りされています。


ナワラの腰帯は刺繍のようにたくさんの糸を織り込んで柄がつくられているため裏地には糸がびっしり

この裏地の糸の束も愛おしい…!

愛おしすぎてあて布で隠したりしたくなかったので、袖裏の糸のひっかけにはご注意くださいね ( ^^; )





布好きさんのための、こだわりのワンピース!


手織りの布は作り手さんによって色柄やクオリティも異なりますし、

袖の色柄は帯を切り取った場所によってすべて異なります。


まさに布好きさんのための、一期一会の一着です。









色違いの Black




【サイズ】
Free size
着丈:約104cm
※モデル身長162cm


【素材】
リネン100%
古布:綿


 

--------------------------------
written by

世界の布と雑貨のお店
&JOURNEY 店主 : 未希
andjourney.com

--------------------------------