blog

2017/06/02 08:25

ポンポンだらけのカラフルな街で見つけたポンポンネックレス

 


メキシコ・チアパス州の山合の小さな街、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス。

その露店マーケットの一軒で見つけたポンポンネックレス。

色合わせがとっても可愛くハイセンスです!

 

 

 

 


サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(以下:サンクリ)は、

メキシコの中でも民族色が色濃く残り、民芸品の宝庫。

 

「民芸品や民族衣装が見たいならサンクリに行きなよ!」と

メキシコ在住のお友達に以前からオススメされていて、

今回のメキシコ買い付け旅では絶対行く!と心に決めていました。

しかし…私が拠点としたオアハカ〜サンクリ間のバス移動は、なんと片道13時間!

日程に余裕がなく一泊してまた往路13時間…という弾丸になってしまいましたが…

(5年前の世界一周旅ではどんな場所でも眠れましたが、今回悪路で全く眠れず…衰えを感じずにはいられない;;)

 

しかしはるばる行った甲斐はありました!

 

青空に映えるイエローのカテドラル。石畳の美しい街並み。

 


オアハカとはまた違う民族衣装の女性。

そして何より楽しみにしていた、充実の民芸品市場!

先住民族の女性たちの手仕事の作品が露店でずら〜っと売られています。

 

 

 

そこは何故か…ポンポンマーケット!?

 

いや、もちろん素晴らしい織物や刺繍や衣装もたくさんあるんだけど、

ポンポンの売り手さんがやたらと多く、さらにカラフルで良く目につく…主力商品のようで?

 

 

 

とはいえ私の目的はポンポンなわけではなく、織りや刺繍の凝ったものなんかを探していたわけですが。

一応最後にポンポンも2〜3個買っておくかぁ、と思いポンポンの売り手さんを何軒かのぞきました。

どこのお店も大小様々、カラフルなポンポンのチャームがずらり。

 

 

 

その中の一軒で見つけたのがこちらのポンポンネックレス!

お店女の子はまだ若くて、彼女が作っているそう。すばらしい!

 

 

 

一見同じようなものを作って売っていても、

やっぱり手仕事には作り手さんのアイデアや個性、クオリティの差が出るもの…。

 

民芸品も時代とともにカタチを変えていったり、はたまた全く新しいアイデアで新しいものが生まれたり。

このポンポンネックレスの作り手の彼女は、きっととても作ることが好きなんだなぁ…。

 

 

カラフルだけど選ばれたセンスの良い配色。後ろで結ぶスタイルも可愛い。

 

 

6種類、カラー違いでいただいてきました。グラデーションの単色カラーもきれい。

 

 


無地のTシャツに合わせて。

 


身につけるだけで元気な気持ちになれますね!

 

 

 ¥ 3,360-(税込)

オンラインショップにて販売中です。


--------------------------------
written by

世界の布と雑貨のお店
&JOURNEY 店主 : 未希
andjourney.com

--------------------------------